初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:ポールポジションのペドロサが1番時計

ウォームアップ走行:ポールポジションのペドロサが1番時計

ペドロサとロレンソがセッションをリードするリズムを刻めば、デ・アンジェリスとマルケスが各クラスで1番時計を刻んだ。

第12戦戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのウォームアップ走行は6日、ミサノ・ワールド・サーキットで行われ、ダニ・ペドロサ、アレックス・デ・アンジェリス、マルク・マルケスがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度26度のドライコンディションの中、今季4度目のポールポジションを獲得したペドロサは、1分34秒654の1番時計を記録。

2番グリッドのホルヘ・ロレンソは、0.149秒差の2番手。アンドレア・ドビツィオーソ、バレンティーノ・ロッシ、ケーシー・ストーナー、ランディ・ド・プニエ、ベン・スピース、ロリス・カピロッシ、アレックス・エスパルガロ、エクトル・バルベラがトップ10入り。

13番グリッドの青山博一は、2.061秒差の17番手だった。

Moto2クラスは、デ・アンジェリスがトップ。シモーネ・コルシが0.039秒差で続き、JiRが今季初めて上位を独占すれば、スコット・リーディング、トニ・エリアス、クラウディオ・コルティが続いた。

8番グリッドの富沢祥也は7番手。13番グリッドの高橋裕紀は19番手。29番グリッドの山口辰也は、32番手だった。

125ccクラスは、2番グリッドのマルケスが1番時計。ニコラス・テロール、サンドロ・コルテセ、エフレン・バスケス、ブラドリー・スミスが続き、5番グリッドの小山知良は13番手だった。

Tags:
MotoGP, 2010, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, WUP

Other updates you may be interested in ›