初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:B.スミス、今季2度目のトップグリッド獲得

公式予選:B.スミス、今季2度目のトップグリッド獲得

逆転でスペイン勢を抑え、ブルノ以来となる2度目のポールポジションを獲得。小山が今季最高位グリッドを奪取した。

第12戦戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選は4日、ミサノ・ワールド・サーキットで行われ、ブラドリー・スミスがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温25度。路面温度42度のドライコンディションの中、昨年のポールシッター、スミスは最後のタイムアタックで1分43秒329の1番時計を刻み、逆転で2戦ぶり今季2度目のトップグリッドを獲得。タイトルを争いスペイン勢を抑えた。

フリー走行2を制したポイントリーダーのマルク・マルケスは、0.158秒差の2番手。スミスと共に1分43秒台のリズムで周回を重ねた。

フリー走行1を制したニコラス・テロール、昨年優勝を逃したポル・エスパルガロが1列目を確保。

フリー走行2で8番手から11番手に後退した小山知良は、0.943秒差の5番手。前戦の転倒リタイヤを晴らすように、今季最高位を獲得すれば、サンドロ・コルテセ、エフレン・バスケス、エステベ・ラバット、ダニー・ウェッブ、ヨハン・ザルコがトップ10入り。

地元イタリア勢では、シモーネ・グロティスキが最高位の15番手だった。

Tags:
125cc, 2010, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, QP

Other updates you may be interested in ›