初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

富沢祥也、不運の事故死

富沢祥也、不運の事故死

優勝争い中に転倒した富沢が、搬入された病院で亡くなった。決して絶えない笑顔と勇敢な走り、そして、歴史的な勝利で世界中のファンを魅了したヤングライダーへ、世界中から沢山のメッセージが寄せられている。

テクノマグ‐CIPの富沢祥也は5日、第12戦戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで転倒。頭部、胸部、腹部を負傷したことから、サーキットのメディカルセンターで人工呼吸を行い、サーキット近郊のリッチョーネ市内の病院に、2人の医師の治療を受けながら、(ヘリコプターでは適切なサポートができないことから)救急車で転院され、緊急治療を試みたが、14時20分に死亡が確認された。

MotoGPファミリーは、富沢の家族、そして彼の友人たちに心から哀悼の意を表明します。

 

当サイトでは、不運なニュース後、世界中のファンから沢山のメッセージが寄せられていることから、特別サイトを設置しました。メッセージをお送りした方は、コンタクトにアクセスしてください。

Tags:
MotoGP, 2010, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Shoya Tomizawa, Technomag-CIP

Other updates you may be interested in ›