Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGPライダーたちが富沢のアクシデントを悲しむ

MotoGPライダーたちが富沢のアクシデントを悲しむ

死去の訃報を聞いたMotoGPライダーたちが、誰からも愛され、パドック中で人気者だった富沢を振り返った。

第12戦戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースが行われたミザノ・ワールド・サーキットは、MotoGPクラスの決勝レース後、富沢祥也の不運な死去を伝えると、パドック中が深い悲しみに包まれ、MotoGPライダーたちがメッセージを送った。

トニ・エリアス
「この瞬間、みんなが悲しみを感じている。昨日、クリニカ・モービルでショーヤと冗談を交えて話したけど、もう僕たちと一緒にいないと考えると、本当に恐ろしい。彼は僕の人生で決して消すことができない跡を残した。」

ファウスト・グレシーニ
「今日のレースは、勝利を味わうことが全くできません。ライダーを失うという意味を理解している。彼の家族と彼のチームが今どのような状態にあるのか認識している。」

ダニ・ペドロサ
「気持ちを表す言葉はない。すごく悲しく、恐ろしく、起きてはいけないことだ。彼はすごく楽しく、いつも幸せだった。ライダーとしては、僅か時間でみんなの尊敬を勝ち得た。速く勇敢だった。」

ホルヘ・ロレンソ
「富沢に起きたことの後で、レースのことをあまり話せない。今日彼に起きたことは残念。彼はナイスガイで、ストロングなライダーだった。すごく悲しい。彼の家族と友人たちに申し訳ない。」

バレンティーノ・ロッシ
「こんなに悲しいことが起きてしまうと、全てがゼロになってしまう。リザルトは重要ではない。本当に申し訳ない。彼は非常にストロングなライダーだったけど、何よりもすごく好感で、いつも笑顔だった。まだ若く、この先グレートなキャリアが控えていた。すごく悲しい。」

ケーシー・ストーナー
「1週間前のピーター・レンツのアクシデントのように、呼吸が止まってしまうほどの恐ろしいことだ。彼の走りを見ることが喜びだった。グレートなレースをするところを見たかった。」

ニッキー・ヘイデン
「彼の家族とチームを考えるけど、パドック中がこの悲劇に強烈に打ちのめされた感じだ。結局、僕たちはみんなが兄弟。ビックなタレントとグレートなパーソナリティーを持ったライダーを失った。彼のスタイル、決定力、そして、いつも絶やさない笑顔が好きだった。」

アンドレア・ドビツィオーソ
「叩きのめされた感じだった。2度の死亡事故は恐ろしい。僕たちの仕事は危険だということを思い出させてくれた。セーフティ委員会は、アクシデントを回避するために、手段を大きくさせたけど、度々そのことを忘れてしまう。僕も父親となり、家族に起きる最悪のことに気づくようになった。今回は不運にも何もできなかった。2つのアクシデントは、サイドのプロテクターを介入しない似たような事故だった。」

アルバロ・バウティスタ
「レースが終わった時は、リザルトに喜んでしたけど、富沢のことを知った時は、悲しくなった。彼と彼に家族に申し訳ない。ライダーたちみんなにとって非常に辛い日だ。彼はいつも僕たちの中にいるだろう。一番いいところで休んでもらいたい。」

エクトル・バルベラ
「ショーヤはグレートなライダーだった。常に全力を尽くしていた。そして、グレートな人だった。いつも笑顔で、僕たちは仲が良かった。彼の家族と友人たちに元気を送りたい。」

Tags:
MotoGP, 2010, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Shoya Tomizawa

Other updates you may be interested in ›