初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ブリビオ、ロッシ離脱を語る

D.ブリビオ、ロッシ離脱を語る

ロッシの加入により、10年間以上続いた低迷から、チャンピオンシップを支配するバイクの開発に貢献したことを賞賛した。

フィアット・ヤマハでバレンティーノ・ロッシ体制を指揮するチームマネージャーのダビデ・ブリビオは、オフィシャルテストが行われたブルノ・サーキットで、今季末を最後にチームから離脱する現王者について語った。

「ヤマハとバレンティーノが来年離れることになったのは、大変残念ですが、まだ8戦が残っています。数戦に優勝するために、最高の形でこのファンタスティックな関係を終えるために、最善の仕事に取り組みます。悲しいですが、これが人生です」と、全面的な支援を約束。

「オフィシャルチームがシーズンに1度も表彰台を獲得できなかった後に、バレンティーノがヤマハに来ました。そして、いきなり、最初の挑戦となった2004年にチャンピオンシップを制覇しました。」

「2005年は、優勝できるレースに全て勝ちました。バイクの開発をサポートする上で、エンジニアへのフィードバックは根本的で、もちろん、エンジニアたちもレスポンスに応え、彼が発見した問題を解決しました。」

「スタートは特に信じられなかったです。我々のパフォーマンスは本質的にチェンジしたという意味で、12年間タイトルを獲得していませんでしたが、バレンティーノと共に一気にMotoGPクラスの支配者になりました。」

ヤマハでの最後のテストについては、「ヤマハは終盤に使用するバイクを準備します。今回のテストは、スピード不足だったレースの問題を理解するために重要で、セッティングの仕事に着手し、今後のレースに向けて、グッドなベースとなることを見つけました」と、説明した。

Tags:
MotoGP, 2010, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›