初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

イタリア連盟の安全性に関する表明

イタリア連盟の安全性に関する表明

FMIのセスティ会長は、富沢死去に哀悼の意を表し、サーキットの安全面に関して説明した。

第12戦戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの主催者、FMIイタリア連盟は、3クラスの決勝レース後、安全面に関して表明した。

イタリア連盟の会長ポオロ・セスティは、会場となったミサノ・ワールド・サーキットが、国際モーターサイクリズム連盟によるグランプリ開催条件を満たしただけでなく、高い安全性が整備されていることを次のように説明。

「モーターサイクルは危険です。そのことを誰もが自覚しなければいけません。レースの安全性を向上する努力は継続され、素晴らしい成果を上げています。」

「ここ数年間、エスケープゾーンの拡大、縁石のプロフィールの変更、人工芝の設置と言ったように、トラックのレイアウトを含めて重要な進歩を果たしました。」

「私はサーキットの運営、メディカルスタッフ、レースディレクションへの支援を表したいです。アクシデントの対応は模範的でした。」

「不運だったと話しを続ける意味はありません。ライダーへの敬意を表し、敬意的な沈黙を保つことが良いです。」

Tags:
MotoGP, 2010, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Shoya Tomizawa

Other updates you may be interested in ›