初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FIM、富沢祥也の冥福を祈る

FIM、富沢祥也の冥福を祈る

FIMのイポリト会長は、富沢の死去を受け、哀悼の意を表した。

FIM国際モーターサイクリズム連盟の会長ヴィト・イポリトは6日、第12戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのMoto2クラス決勝レースで転倒により死亡した富沢祥也の冥福を祈るとともに、彼の家族、友人、チームに哀悼の意を次のように表すリリースを配信した。

「我々は富沢祥也の死去を大変悲しく思います。彼は将来が約束された才能あるライダーで、我々のスポーツが、ここ数年間、致命的な事故数が減少しましたが、危険から免れないということを思い出させてくれました。」

「FIMとドナル、そして、我々のスポーツの全ての主役たちと共に、ここ数年間、全てのサーキット及び使用する施設の安全性において、可能な限り高いレベルに到達するために、積極的に安全面の向上に尽くしてきました。」

「私は事故の状況を理解するために、レースディレクションと接触を取り、ライダーの生命を救うために、全てが効果的に行われたことを知りましたが、事故は我々のスポーツに生じ、多くの場合予測できません。事故を減少させるために、検証と分析を継続しなければいけません。」

「我々のスポーツが哀悼に染まるこの困難な時、富沢祥也の家族と友人たち、そして、日本モーターサーサイクルスポーツ協会へお悔みを繰り返して申し上げます。」

Tags:
MotoGP, 2010, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI

Other updates you may be interested in ›