初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ:「トラックの理解度が増した」

J.ロレンソ:「トラックの理解度が増した」

ニュートラックでのレース準備のため、2度目のセッションでノーストップのロングランを実行。トラックの理解度を深めた。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、第13戦アラゴンGPのフリー走行1で3番手。フリー走行2で2番手。総合3番手だった。

第10戦チェコGP後、市販車を使用したテストを実施すると、ドライセッションでは、1度のピットインで20ラップを走行すると、ウェットセッションでは、連続17ラップのロングランにトライした。

「新しい挑戦だ。R1で走った後で、M1を走らせるのは興味深かった。グリップがあるけど、セッティングを良くすることができるし、もうワンステップできる。不運にも午後に雨が降ってしまったけど、新しいセッティングを試すことに役立ち、このコンディションで機能するようだ。」

「2度のセッションができたのは良かった。最終的に4番手だったけど、速く走るために必要となるトラックの理解度を増すことが出来た」と、振り返った。

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMIO A-STYLE DE ARAGON, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›