初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:C.ストーナーがレインセッションを制す

フリー走行2:C.ストーナーがレインセッションを制す

チャンピオンシップのニュートラックで行われたフリー走行1で1番時計を刻んだペドロサが総合トップ。ロレンソ、ヘイデン、スピース、バルベラ、バウティスタ、青山がノーストップのロングラップを実行した。

第13戦アラゴンGPのフリー走行2は、モーターランド・アラゴンで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。ダニ・ペドロサが初日を制した。

気温20度。路面温度25度のウェットコンディションの中、フリー走行1で4番手だったストーナーは、最終ラップに唯一2分02秒台を突破する2分01秒710を記録。セッションを制した。

ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソは、連続17ラップを実施。0.568秒差で2番手。

フリー走行1で2番手だったニッキー・ヘイデンも、ノーストップの連続17ラップを実行。0.701秒差の3番手だった。

フリー走行6番手のバレンティーノ・ロッシは、1.168秒差の4番手。マルコ・メランドリ、アンドレア・ドビツィオーソ、ランディ・ド・プニエ、ベン・スピース、エクトル・バルベラ、マルコ・シモンセリがトップ10入り。

フリー走行1を制したペドロサは、3.684秒差の13番手。初日の総合では、トップタイムだった。

青山博一は、連続16ラップを走行して、5.922秒差の16番手だった。

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMIO A-STYLE DE ARAGON, FP2

Other updates you may be interested in ›