Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGPファミリーが故・富沢祥也に黙祷を捧げた

MotoGPファミリーが故・富沢祥也に黙祷を捧げた

スペイン国王も駆け付けた中、MotoGPファミリーは、1分間の黙とうで、富沢との別れを偲んだ。

MotoGPファミリーは19日、第13戦アラゴンGPの決勝レース前に、スターティンググリッド上で、1分間の黙とうで、2週間前に事故死した富沢祥也を偲んだ。

125ccクラスの決勝レース前、スターティンググリッドには、富沢が所属したテクノマグ‐CIPのチームスタッフたちをはじめ、今大会にエントリーする3クラスの全ライダー、全チーム関係者、グランプリ運営の関係者が集結。

グランプリ初開催となるモーターランド・アラゴンを表敬訪問したスペイン国王ファン・カルロス1世も、追悼セレモニーに出席。富沢が使用したMoto2マシンを前に、日本国歌が流れる中、1分間の黙祷を行った。

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMIO A-STYLE DE ARAGON, Shoya Tomizawa

Other updates you may be interested in ›