初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン:「表彰台に戻れて最高だ」

N.ヘイデン:「表彰台に戻れて最高だ」

ドゥカティで2度目の表彰台を獲得。残り5戦で再び表彰台に挑戦することを誓った。

ドゥカティ・チームのニッキー・ヘイデンは、第13戦アラゴンGPの決勝レースで、4番グリッドから3位。今季初の表彰台を獲得した。

第7戦カタルーニャGP後、市販車を使用してレイアウトを知る機会を得ると、フリー走行1で2番時計。今季最高のスタートを切ると、公式予選では、今季最高位タイの4番手に進出。

決勝レースは、最終ラップのシケインでホルヘ・ロレンソを抜き去り、昨年8月の第12戦インディアナポリスGP以来となる18戦ぶりの表彰台を獲得した。

「表彰台に戻れて、最高の気分だ。バイクは週末本当に良く機能した。レースではグッドなスタートが切れ、ホルヘと走ることができた。」

「本当にタイヤを入れる隙間がどこにもなかった。ラスト2ラップ、強烈にプッシュしたけど、今日の4位は僕にとって十分ではなかった。シケインでの術策は思っていなかっただろう。その後、全てのスペースを閉じることができた。」

「表彰台は気分がいい。僕たちにとって、チームにとって、スポンサーにとって、サポーターにとって、本当にグッドな週末だった。シーズンが終わる前までに、もう一度表彰台に登れるようにトライしよう。」

ドゥカティで2度目の表彰台を獲得し、2007年第16戦オーストラリアGP以来となる50戦戦ぶりのダブル表彰台をもたらした。

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMIO A-STYLE DE ARAGON, Nicky Hayden, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›