初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ラスト2戦は3度のフリー走行を実施

ラスト2戦は3度のフリー走行を実施

エストリルとバレンシアで、金曜午前中のセッションが開催されることが決定。3度のフリー走行が実施される。

第17戦ポルトガルGPと最終戦バレンシアGPで、3度のフリー走行を実施することが決定した。

第13戦アラゴンGPでは、2005年の開幕戦スペインGPから2008年の最終戦バレンシアGPまで実施していた3度のフリー走行が復活。

エンジン規定を考慮して、1度のセッション時間は45分間。決勝レースまでの合計セッション時間には、320分間と変更はなかった。

3度のフリー走行実施は、パドック内でポジティブな意見が多かったことから、3連戦後の第17戦ポルトガルGPから行われることとなったが、セッションの順番は、125ccクラス、MotoGPクラス、Moto2クラスと標準方式となる。

第13戦アラゴンGPでは、MotoGPクラスのセッション前に、路面コンディションを向上させる目的で、125ccクラスとMoto2クラスの順番を変更していた。

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMIO A-STYLE DE ARAGON

Other updates you may be interested in ›