初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

R.ロッシ、困難な週末を覚悟

R.ロッシ、困難な週末を覚悟

アラゴンにつづき、ストップ・アンド・ゴーのもてぎでも右肩痛に悩まされ、厳しい週末が続くことを予想した。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、右肩痛に悩まされる中、第14戦日本GPを迎える。

4月に予定していた日本GP前のモトクロストレーニング中に右肩を負傷。左脚を骨折した際に、治療とリハビリに専念していたが、激痛に耐えた前戦終了後、厳しいグランプリが控えていることを認めた。

「アラゴンは非常に厳しいグランプリだった。肩の問題があり、M1の正しいセッティングが見つからなかった。脚はほぼ普通の状態に戻った。ランニングを始めているけど、肩が問題だ。治療時間を持つまでは、何も変更することができない。」

「もてぎにはいい思い出がある。2008年にはタイトルを獲得したけど、今回はフィジカル面で厳しいグランプリになる。困難な3連戦になるだろう。」

「日本の後には、僕にとってベターなトラックが控えている。そこではあまり痛くならず、グッドなリザルトを争いたい。全力を尽くし、何が起こるのか見てみよう」と、至難な週末に覚悟して臨むことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2010, GRAND PRIX OF JAPAN, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›