初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、左鎖骨骨折

D.ペドロサ、左鎖骨骨折

後半戦に入り、快走を見せていたペドロサだったが、転倒により、左鎖骨を骨折。日本GPの欠場を強いられることとなった。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第14戦日本GPのフリー走行1で転倒を喫した際に、左鎖骨を骨折した。

昨日、25歳の誕生日を迎えたばかりのスペイン人ライダーは、3ラップ目の左7コーナーで転倒。その際に、身体の左側を強打したことから、左鎖骨を3ヶ所骨折した。

メディカルディレクターのミシェル・マッキアゴデーナは、「左鎖骨を多発骨折しました。レースへの早期復帰には手術が必要ですが、今回のレースには、もちろん、参戦できません」と、説明。

「まずは、いつ手術をするのかを確認しなければいけません。そして、いつ走ることができるのかです。オーストラリアで戻れるか見てみましょう。」

「左膝をレントゲン検査しました。大丈夫です。過去の骨折を確認しましたが、新しい骨折はありませんでした。打撲です。」

後半戦に入り、一気に90ポイントを稼いだランク2位のペドロサは、ホンダのホームレースを欠場することとなった。

Tags:
MotoGP, 2010, GRAND PRIX OF JAPAN, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›