初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:T.エリアスが1番時計

フリー走行2:T.エリアスが1番時計

タイトルに王手をかけたエリアスがトップ。今大会でのタイトル阻止に挑むシモン、ルティ、イアンノーネが続いた。

第14戦日本GPのフリー走行2は2日、ツインリンクもてぎで行われ、トニ・エリアスがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度36度のドライコンディションの中、初日2番手のエリアスは、1分54秒台のリズムで周回を重ねた後、最終ラップに1分53秒671の1番時計を記録。総合トップに浮上した。

フリー走行1を制したフリアン・シモンは、1分54秒台を最多の14回記録。0.280秒差の2番手に位置すると、初日13番手だったトーマス・ルティが3番手に、27番手だったアンドレア・イアンノーネが4番手に浮上。

シモーネ・コルシ、ドミニケ・エジャーター、ヨニー・エルナンデェス、ロベルト・ロルフォ、ステファン・ブラドル、カレル・アブラハムがトップ10入り。

日本勢最高位は、高橋裕紀の20番手。森脇尚護は24番手。渡辺一樹は30番手。手島雄介は32番手。高橋江紀と國川浩道は、40番手と41番手だった。

Tags:
Moto2, 2010, GRAND PRIX OF JAPAN, FP2

Other updates you may be interested in ›