初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マーク・VDS、S.リーディングと延長契約

マーク・VDS、S.リーディングと延長契約

クラス最年少のリーディングを継続起用。参戦2年目の来年から初タイトル獲得に挑戦する。

マーク・VDSは、第14戦日本GPの開催前に、スコット・リーディングと2年間の延長契約を結んだことを発表した。

今季からチャンピオンシップに参戦するベルギーチームは、第11戦インディアナポリスGPで初表彰台をもたらすと同時に、中量級における史上最年少の表彰台獲得者として記録を樹立した17歳の英国人ライダーと、2011年と2012年の契約に合意。

「来年から2年間、このチームから継続参戦することが決まって嬉しい。パドック内でベストチームの1つ。ミチェル・バルトメリーとピーター・ベルソンの下、ライダーとして成長していることを感じる。ミサノの後、チームは本当に僕を支えてくれた。残りのシーズンでの優勝と将来のタイトル獲得で、僕への信頼に応えたい」と、抱負を語った。

チームマネージャーのミチェル・バルトルミーは、「スコットはライダーとして大きく成熟し、正真正銘のポテンシャルを発揮し始めました。インディアナポリスの3位はスタートに過ぎません。シーズン末までに初優勝する可能性があります。」

「来年は、現実的なタイトル獲得に向けて、安定性を追求します」と、期待の高さを示した。

チームオーナーのマーク・バン・デル・ストラテンは、リーディングの継続起用と同時に、2012年からの最高峰クラス参戦の希望を表明。シューター・レーシングと共同開発に着手する。

中量級の史上最年少表彰台獲得ランキング

1. S.リーディング: 17歳237日 - 2010年インディアナポリス
2. M.メランドリ: 18歳27日 - 2000年エストリル
3. J.ロレンソ: 18歳32日 - 2005年ムジェロ
4. M.ヘリウッド: 18歳63日 - 1958年マン島
5. 高橋裕紀: 18歳86日 - 2002年もてぎ
6. D.ペドロサ: 18歳202日 - 2004年ウエルコム
7. A.カーター: 18歳227日 - 1983年ルマン
8. A.ドビツィオーソ: 19歳25日 - 2005年エストリル
9. J.チェコット: 19歳64日 - 1975年ポールリカルド
10. V.ロッシ: 19歳76日 - 1998年ヘレス

Tags:
Moto2, 2010, GRAND PRIX OF JAPAN, Scott Redding, Marc VDS Racing Team

Other updates you may be interested in ›