初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、タイトル獲得に向けて幸先のスタート

J.ロレンソ、タイトル獲得に向けて幸先のスタート

初日に最速リズムを刻み、タイトル獲得に必要な9位以内でのフィニッシュに向けて、幸先のスタートを切った。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、第15戦マレーシアGPのフリー走行1で3番手。タイトル獲得に向けて、好発進した。

昨年2番グリッドから4位だった東南アジアの舞台に戻って来ると、3号基と4号基のエンジンを使用して、最速リズムを刻み、バレンティーノ・ロッシ、アンドレア・ドビツィオーソと並び2分03秒台を最多の3度記録。

「暑さと路面の汚れで、コンディションは難しかったけど、バイクの上でグッドなフィーリングがあり、速く走れ、トップに近かったから、嬉しい」と、初日を振り返った。

「オールドエンジンに戻した。明日、もしかしたら、ニューエンジンにトライするかもしれない。セクトール4での仕事が必要。そこでタイムロスしている。ステップアップするために、そのポイントの克服に集中したい。」

Tags:
MotoGP, 2010, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›