初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:A.デアンジェリス、連続の1番時計

フリー走行2:A.デアンジェリス、連続の1番時計

デ・アンジェリス、シモン、エリアス、ルティ、リーディングがセッションをリードするリズムを掴むと、高橋は21番手に浮上した。

第15戦マレーシアGPのフリー走行2は9日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、アレックス・デ・アンジェリスがトップタイムをマークした。

気温31度。路面温度42度のドライへコンディションの中、フリー走行1を制したデ・アンジェリスは、2分08秒888の1番時計を刻み、今季初めて連続してセッションを制した。

初日4番手のフリアン・シモンは、2分09秒前半の最速リズムで周回を重ね、0.102秒差の2番手。

フリー走行1で8番手だったシモーネ・コルシは、3番手に浮上。

ポイントリーダーのトニ・エリアスは、0.506秒差の4番手。

トーマス・ルティ、ドミニケ・エジャーター、スコット・リーディング、アレックス・デボン、エクトル・ファウベル、アンドレア・イアンノーネがトップ10入り。

日本勢は、高橋裕紀が2分11秒台のリズムで走った後、最終ラップに2分10秒台に進出。1.663秒差の21番手に入れば、渡辺一樹と國川浩道は、30番手と38番手と、ポジションを上げた。

Tags:
Moto2, 2010, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›