初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:M.マルケス、抜け出す

フリー走行2:M.マルケス、抜け出す

マルケスが、テロールとエスパルガロを引き離す快走を見せれば、小山が11番手から10番手に浮上した。

第15戦マレーシアGPのフリー走行2は9日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマークした。

気温29度。路面温度33度のドライコンディションの中、フリー走行1を制したマルケスは、初日のタイム(2分14秒313)を7ラップ目に更新すると、最終ラップに2分13秒を突破。2分12秒946の1番時計を刻んだ。

ポイントリーダーのニコラス・テロールは、2分13秒台のリズムを刻み、0.736秒差の2番手。ポル・エスパルガロは、2分14秒前半のリズムで、1.213秒差の3番手。

サンドロ・コルテセ、ブラドリー・スミス、エステベ・ラバット、ダニー・ウェッブ、ランディ・クルメンナッハ、ヨハン・ザルコは続いた。

初日11番手だった小山知良は、最終ラップに2分16秒台を突破。2.945秒差の10番手に浮上した。

フリー走行1で10番手だったジョナス・フォルガーは、前戦の転倒で左手首を骨折していることが判明。セッションをキャンセルした。

Tags:
125cc, 2010, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›