初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:J.ロレンソ、最速リズムを掴む

フリー走行2:J.ロレンソ、最速リズムを掴む

ポイントリーダーのロレンソが、2度目のセッションで最速リズムを掴み、トップに浮上すれば、ストーナー、ロッシ、ドビツィオーソが続いた。

第15戦マレーシアGPのフリー走行2は9日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマークした。

気温31度。路面温度39度のドライコンディションの中、フリー走行1で3番手だったロレンソは、4度目のコースインで2分01秒台を最多の3度記録。2分01秒949の1番時計を刻み、総合トップに浮上した。

前日に転倒を喫したケーシー・ストーナーは、11ラップ目に2分01秒台に進出。0.022秒差の2番手に進出すれば、初日を制したバレンティーノ・ロッシは、0.243秒差の3番手。

アンドレア・ドビツィオーソ、マルコ・シモンセリ、アルバロ・バウティスタ、ランディ・ド・プニエ、コーリン・エドワーズ、エクトル・バルベラ、ベン・スピースがトップ10入り。

14番手スタートだった青山博一は、3度目のコースインで2分03秒前半のリズムを掴み、1.120秒差の13番手に浮上。

初日12番手だったロリス・カピロッシは、ハイサイドからの転倒により、右脚を強打。メディカルセンターに運ばれたが、骨折はなかった。

Tags:
MotoGP, 2010, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›