初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、フィーリングとリズムの良さを強調

C.ストーナー、フィーリングとリズムの良さを強調

コースインを繰り返し、周回を重ねなかったが、フィーリングとリズムの良さを強調。今季8度目の表彰台を狙いに行く。

ドゥカティ・チームのケーシー・ストーナーは、第15戦マレーシアGPの公式予選で、5番時計。4戦連続の1列目を逃した。

プレシーズンのテストで2度の2番時計を記録した後、フリー走行では4番手と2番手。公式予選では、6度のコースインを繰り返し、ポールタイムから0.486秒差の5番手だった。

「予選の進み方の少しがっかり。ハードタイヤを履いたレースセッティングで少し前進した。沢山のラップを走れなかったけど、バイクの仕事には満足だし、道理に合う確かな感触がある」と、周回数が少なかったが、バイクの感触を掴んだことを説明。

「ラップを狙いに行く時に、ソフトコンパウンドのタイヤを使ったけど、フィーリングを失ってしまった。リアのトラクションがなかったけど、フロントをプッシュした。僕たちが望み、そして相応しいタイムが出なかったけど、僕たちのリズムは、前の2人よりも速いから、レースで彼らを抜けるか、見てみよう。」

Tags:
MotoGP, 2010, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Casey Stoner, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›