初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:V.ロッシ、今季2勝目&L.ロレンソ、ワールドチャンピオン

決勝レース:V.ロッシ、今季2勝目&L.ロレンソ、ワールドチャンピオン

ポイントリーダーのロレンソが3位に入り、3年目の最高峰クラスで初タイトルを獲得。通算3度目のワールドチャンピオンに輝いた。決勝レースは、ロッシが開幕戦以来となる優勝を飾り、ヤマハで通算46勝目を達成した。

第15戦マレーシアGPの決勝レースは10日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、バレンティーノ・ロッシが優勝。ホルヘ・ロレンソが初タイトルを奪取した。

気温33度。路面温度43度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行を制した6番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、オープニグラップで9番手まで後退すれが、最速ラップを連発。開幕戦カタールGP以来となる今季2勝目。ヤマハで通算46勝目を飾った。

3番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、0.224秒差の2位。2戦連続3度目の最高位タイのリザルトを獲得。

今季6度目のポールポジションからスタートしたロレンソは、3位でフィニッシュ。3戦ぶり13度目の表彰台を獲得し、3戦を残して、最高峰クラスで初タイトル。通算3度目のタイトルを奪取した。

7番グリッドのベン・スピースは4位。11番グリッドのアルバロ・バウティスタは、今季最高位タイとなる5位に進出すれば、2番グリッドのニッキー・ヘイデンは6位。

最終ラップまで展開された7位争いは、ウォームアップ走行で9番手に上昇した14番グリッドの青山博一が、8番グリッドのマルコ・シモンセリに競り勝ち、自己最高位を獲得。

マルコ・メランドリ、ランディ・ド・プニエが、トップ10入り。

5番グリッドのケーシー・ストーナーは、オープンングラップで転倒。今季4度目のリタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、ロレンソが欠場したダニ・ペドロサに85ポイント差のアドバンテージを広げ、タイトル争いに終止符を打ち、ロッシがランク3位に浮上。ストーナーに1ポイント差、ドビツィオーソに2ポイント差をつけた。

Tags:
MotoGP, 2010, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›