初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

F.グレシーニ、加藤以来のタイトル獲得に感激

F.グレシーニ、加藤以来のタイトル獲得に感激

加藤が初めてタイトルをもたらしてから9年後、同じマレーシアの舞台で、エリアスが歴史的な中量級のタイトルを獲得した。

グレシーニ・レーシングのチームマネージャー、ファウスト・グレシーニは、トニ・エリアスが第15戦マレーシアGPでMoto2クラスのタイトルを獲得した瞬間、9年前に故加藤大治郎と共に250cクラスを制覇したことを思い出し、感激の涙を流した。

2003年4月の開幕戦日本GP以降、チームは常にゼッケン74と共に活動を続けて来たが、新カテゴリー、Moto2クラスのスタートと共に、9年ぶりに中量級への再挑戦を開始。

エリアスがライバルたちを圧倒する強さで、加藤がチャンピオンに輝いた2001年10月の第15戦マレーシアGPの舞台、セパン・インターナショナル・サーキットで再びタイトルを獲得した。

「私にとって、メモラブルな、ファンタスティックな日となりました。最終的な決定瞬間が来る時は、常に多くの緊迫感があり、イージーな週末ではありませんでしたが、最終的に、輝かしいトニ・エリアスと共に夢が現実となりました」と、チームマネージャーとして、2度目のタイトル獲得を喜んだ。

「9年前の加藤大治郎の時のように、ここマレーシアでタイトルを獲得しました。これはワンダフルなことです。大治郎と共に働いたファブリツオ・チェッキーニとメカニックたちは、再びチャンピオンシップを制覇しました。」

「我々にとって、コンセプトを最初から信じるという意味で、Moto2クラスのタイトルを獲得することは、重要なことでした。トニは、我々のチームとモリワキのポテンシャルを信じていました。我々は一緒に進み、我々はタイトルを獲得しました。」

「我々を信頼してくれた全ての人たち、特にトニ、常に我々をサポートしてくれたモリワキ、スポンサー、そしてファンに感謝したいです。私たちみんながこの仕事に沢山の情熱を捧げたことにより、信じられない感動をもたらせてくれました。改めて心から全ての人たちに感謝したいです。」

Tags:
Moto2, 2010, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Toni Elias, Gresini Racing Moto2

Other updates you may be interested in ›