初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、ヤマハで通算46勝目達成

V.ロッシ、ヤマハで通算46勝目達成

ヤマハデビュー戦となった2004年の開幕戦で優勝を飾ると、通算114戦で46勝目に到達。最高峰クラスで通算79勝目、キャリア通算105勝目を達成した。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、第15戦マレーシアGPの決勝レースで、6番グリッドから優勝。ヤマハに所属してから、通算46勝目を達成した。

2度のオフィシャルテストで1番時計を連発した舞台に戻って来ると、フリー走行1で再びトップタイムをマーク。

フリー走行2で3番手、公式予選では6番手に後退した後、ウォームアップ走行で再びトップに浮上。

スタート直後で11番手まで後退し、トップから2.5秒差まで引き離されたが、2ラップ目に6番手、4ラップ目には4番手まで巻き返すと、ファーステストラップは連発。11ラップ目にトップへ躍り出た。

「これは僕にとってワンダフルな瞬間。このような勝ち方で、僕のM1で46勝目を達成できたから、すごく幸せだ」と、会心の笑みを浮かべ、レースを振り返った。

「最悪のスタートの1つだった。すごく心配になったけど、数コーナーをパスしたあたりから、勝利に目指すことができることを理解した。ウォームアップのちょっとした変更のおかげで、バイクはグレートだった。ジェリミー(・バージェス)のアイデアが本当に機能した。いい走りで、ファンタスティックなレースとなり、僕のベストレースの1つになったと思う。」

ホルヘ・ロレンソのタイトル獲得に関しては、「ヤマハとホルヘを祝福したい。全てのトラックと全てのコンディションで速かった。チャンピオンに相応しい」と、称賛の言葉を送った。

Tags:
MotoGP, 2010, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›