初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

P.エスパルガロ、首位から12ポイント差に接近

P.エスパルガロ、首位から12ポイント差に接近

今季10度目の表彰台を獲得して、ポイントリーダーとのギャップを12ポイント差に詰めた。

トゥエンティ・レーシングのポル・エスパルガロは、第15戦マレーシアGPの決勝レースで、4番グリッドから2位。今季10度目の表彰台を獲得した。

前戦の転倒と表彰台を逃す悪い流れを断ち切ろう、フリー走行1から持ち味のアグレッシブな走りで取り組んできたが、マルク・マルケスのリズムに太刀打ちできないことから、決勝レースの7ラップ目に、グループバトルを誘発するために、トップに飛び出し、リズムを乱した。

「トップに出て、第2グループが追いつくために、リズムを変えた。最後まで集団で走り、ブレーキングで勝負。それが狙いだったし、エフレン・(バスケス)のサポートを得たかった」と、レース戦略を説明。

「しかし、マルケスが飛び出し、その計画を台無しにしてしまった。ラスト3ラップで追いついたけど、あまりにもリスクが大きく、転倒でシーズンが終わってしまうのは許されなかった。」

「僕たちは闘う。ワールドチャンピオンを目指し、全力を尽くす。」

来季Moto2クラスへの進出を希望する19歳のスペイン人ライダーは、昨年ポールポジションから4位に入ったオーストラリアGPでトップ2に挑戦する。

Tags:
125cc, 2010, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Pol Espargaro, Tuenti Racing

Other updates you may be interested in ›