初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第16戦オーストラリアGP:MotoGPクラスプレビュー

第16戦オーストラリアGP:MotoGPクラスプレビュー

ロッシ、ストーナー、ドビツィオーソのランク3位争いに注目。負傷欠場していたペドロサが復帰すれば、シングルフィニッシュを果たした青山が10戦目に挑戦する。

第16戦オーストラリアGPは今週末、フィリップアイランド・サーキットで開催。ホルヘ・ロレンソが2010年シーズンのチャンピオンとして登場する。

前戦でタイトル争いに終止符が打たれたチャンピオンシップ。タイトルを獲得したロレンソは、プレッシャーから解放されたが、気持ちを切り替え、チームと共に来季に向け、スタートを切る。

ランク2位のダニ・ペドロサは、左鎖骨の骨折から復帰。2戦に欠場したことから、目標をランク2位に再設定。同時に、昨年2位を獲得した舞台から来季への準備に着手する。

注目のランク3位争いは、バレンティーノ・ロッシ、ケーシー・ストーナー、アンドレア・ドビツィオーソの3人。

フィリップアイランド最多の5勝を誇るロッシは、6ヶ月ぶりに勝利を挙げ、ランク3位に浮上。優勝から遠退いているバレンシアを前に、高い勝率を誇るエストリルと共に、連続して高ポイントを稼ぎたいところ。

3年連続の優勝が示すように、地元で圧倒的な強さを見せるケーシー・ストーナーは、前戦の転倒から気持ちを切り替え、苦手意識があるエストリルを前に、今季3勝目を狙う。

豪州では昨年の6位が最高位のドビツィオーソだが、2戦連続して2位を獲得。戦闘力の高いパッケージを武器に、目標のランク3位に挑戦する。

アメリカ人同士によるランク6位争いにも注目。

ベン・スピースは、同舞台に初めて挑戦した昨年のスーパーバイク世界選手権の開幕戦で、ポールポジションを獲得。レース2では初優勝を挙げていた。今週末の成績次第では、ルーキー・オブ・ザ・イヤーとベストプライベートライダーのタイトルを獲得する。

13ポイント差で追うニッキー・ヘイデンは、得意の左回りコースで上位進出を目指す。

セパンでは、250ccクラス出身のライダーたちがバトルを展開。

最高位のランク9位に位置するマルコ・シモンセリは、後半戦に入ってから、徐々に上位陣に接近。2年連続して優勝した舞台に臨めば、ランク13位に浮上したアルバロ・バウティスタは、5戦連続のシングルフィニッシュを決めた勢いに乗って、スズキが不得意とするトラックに挑戦する。

王者青山博一は、得意のセパンで初のシングルフィニッシュを達成。過去に1度しか表彰台を獲得したことがないフィリップアイランドで、2戦連続の1桁完走を狙う。

日本とオーストラリア(シドニー)との時差は、+2時間。決勝レースは、現地時間の16時、日本時間の14時にスタートする。

Tags:
MotoGP, 2010, IVECO AUSTRALIAN GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›