初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第16戦オーストラリアGP:プレスカンファレンス

第16戦オーストラリアGP:プレスカンファレンス

2010年MotoGPクラス王者のロレンソとMoto2クラス王者のエリアス、ランク3位を争うロッシ、ストーナー、ドビツィオーソがプレスカンファレンスに出席した。

第16戦オーストラリアGPのプレスカンファレンスは14日、フィリップアイランド・サーキットのプレスカンファレンスルームで行われ、主役たちが登場した。

前戦でチャンピオンに輝いたホルヘ・ロレンソは、「今の状況は全く違う。チャンピオンシップでポイントを稼ぐ必要がないから、プレッシャーがない。」

「優勝でシーズンを終えたいから、全力でプッシュするつもりだ」と、6戦ぶりの優勝を狙うことを強調した。

前戦で今季2勝目を挙げ、ランク3位に浮上したバレンティーノ・ロッシは、「100%でレースが出来ることを期待する。高速の切り返しが多いけど、ここにはヘビーブレーキングが多くない」と、負傷中の肩にそれほど不安がないことを説明。

「フリップアイランドはグレード。他のトラックとは異なる。すごく速く、正しい走行ラインを見つけることが大切。高速コーナーと低速コーナーのバランスを見つけることが難しいけど、いつもグレートなレースをしてきた。」

昨年地元3連覇を達成したケーシー・ストーナーは、「3レース前までは、フィリップアイランドに走るには必要な分野が機能していなかったから、このレースに期待することができなかったけど、ここ3レースで、バイクがすごく改善されたから、すごくいい感じで週末に入って行ける」と、自信を見せた。

連続2位で目標のランク3位に近づいたアンドレア・ドビツィオーソは、「僕たちの目標は勝つこと。ここ2戦でグッドな仕事をした。優勝争いをする能力があった。ここで優勝するのは難しい。ケーシーはすごく強い。ロレンソも。バレも今は戦闘力が戻ったけど、僕はトライする」と、今季初優勝に挑戦することを誓った。

初代Moto2クラス王者に輝いたトニ・エリアスは、「初めて、チャンピオンの気分を知った。すごく気分がいい。同時に、特にプレス対応という沢山の仕事をこなしたけど、チームと家族と一緒に祝う時間があった」と、満面の笑みで心境を語った。

「ここは僕の好きなトラックではない。MotoGPクラス時代に苦しんだけど、Moto2クラスで優勝争いをするつもりだ。」

「モチベーションは、MotoGPクラスに行くこと。それが可能かどうか、来週には見えて来るだろう。」

Tags:
MotoGP, 2010, IVECO AUSTRALIAN GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›