初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アスパル・チーム、シモン&テロールと延長契約

アスパル・チーム、シモン&テロールと延長契約

Moto2クラスと125ccクラスでタイトルを獲得するため、シモンとテロールを継続起用する。

アスパル・チームは15日、フリアン・シモン、ニコラス・テロールと延長契約を結んだことを発表した。

3クラスに参戦するスパニッシュチームは、9月4日にエクトル・バルベラと1年契約を結び、来季の最高峰クラスの体制が決定。今回の合意により、Moto2クラスにシモンを、125ccクラスにテロールを継続起用することが決まった。

チームマネージャーのホルヘ・マルティネス・アスパルは、「ニコの延長契約は大きな喜びです。タイトルを争う素晴らしいシーズンとなっています。この調子を続けることを望み、必要な手段を保証します。」

「フリアンに関しては、チームの最優先事項でした。昨年からプロジェクトが始まり、長く継続することを希望します。Moto2クラスのグッドなデビューだと思いますが、まだまだ技術面で成長します。来年は再びチャンピオンに挑戦します」と、期待の高さを説明。

昨季同チームと共に125ccクラスのタイトルを獲得。今季はMoto2クラスでランク2位を争うシモンは、1年間の延長契約を結んだ。

「チャンピオンシップの中で、最もシリアスで、ストロングなアスパル・チームから継続して参戦することが決まり、すごく嬉しい。来季は、経験を持って、序盤からチャンピオンシップを争う。タイトルを獲得したあの気分をもう一度味わいたい」と、抱負を語った。

今季、王者シモンの後任者に指名されたテロールは、来季も125ccクラスに参戦する2年契約を結んだ。

「延長契約は、最高な出来こと。テクニカル面において、ヒューマン面においても、これ以上にないチームだ。ホームのように感じるし、ライダーとして成長を続けるために、このチームに残留することは当然のことだった。今は歴史的な挑戦の真っ只中。125ccクラスのタイトル獲得にトライする。」

Tags:
Moto2, 2010, IVECO AUSTRALIAN GRAND PRIX, Julian Simon, Nicolas Terol, Mapfre Aspar Team, Bancaja Aspar Team

Other updates you may be interested in ›