初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、ウェットで1番時計発進

J.ロレンソ、ウェットで1番時計発進

史上2人目の表彰台獲得記録、3人目の全戦ポイント連取記録に向けて、好発進した。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、第16戦オーストラリアGPのフリー走行1で、トップタイムをマーク。新チャンピオンとしての貫録を見せた。

今季のタイトルを獲得した後で迎えた最初のセッションで、一気に13ラップを走行。合計20ラップを走行して、1番時計を記録した。

「今日のコンディションは難しかった。すごく寒くて、風があり、トラックは濡れていたから、その中ですごく速く走れて嬉しい。これが僕の弱点だった。今は全体的に、この状況でも速いと言うことができる」と、苦手意識を克服したことを説明。

「このような気象状況が続くようだから、寒い週末になる。ミスを犯さないように、十分に気をつけないといけない。」

前戦でシーズン13度目の表彰台を獲得。シーズン最多記録となる16度の表彰台獲得に向けて、好発進した。

Tags:
MotoGP, 2010, IVECO AUSTRALIAN GRAND PRIX, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›