初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:M.マルケス、4戦連続11度目のポールポジション奪取

公式予選:M.マルケス、4戦連続11度目のポールポジション奪取

タイトルを争う3人が1列目に並ぶと、ランク上位8人がトップ8に進出した。

第16戦オーストラリアGPの公式予選は16日、フィリップアイランドで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマーク。今季11度目のポールポジションを奪取した。

気温14度。路面温度24度のドライコンディションの中、フリー走行で連続2番手だったマルケスは、1分38秒台を最多の3度記録。1分38秒236の1番時計を刻み、4戦連続のトップグリッドを獲得した。

サンドロ・コルテセは、0.616秒差の2番手。今季7度目の1列目に進出し、アジョ・モータースポーツの両雄が第13戦アラゴンGP以来となる今季2度目の1・2番グリッドを独占。

フリー走行2を制したポル・エスパルガロは、0.755秒差の3番手。8番手だったニコラス・テロールは4番手。タイトルを争う3人が1列目に並んだ。

フリー走行1を制したブラドリー・スミスは5番手。エステベ・ラバット、エフレン・バスケスが続いた。

フリー走行で総合10番手だった小山知良は、2.405秒差の8番手に入り、今季9度目の2列目を確保。

新人王を争うルイス・サロンとアルベルト・モンカヨが、トップ10入りした。

Tags:
125cc, 2010, IVECO AUSTRALIAN GRAND PRIX, QP

Other updates you may be interested in ›