初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:A.デアンジェリスが2戦連続の初日1番時計

フリー走行1:A.デアンジェリスが2戦連続の初日1番時計

好調のデ・アンジェリスとリーディングがセッションをリード。王者エリアスは、無理をしない走りに徹した。

第16戦オーストラリアGPのフリー走行1は15日、フィリップアイランドで行われ、アレックス・デ・アンジェリスがトップタイムをマークした。

午前中の集中豪雨と強風により、コースの一部が浸水したことから、セッション開始時間を15時10分から17時00分に変更。

気温12度。路面温度13度のウェットコンディションの中、前戦で今季初表彰台を獲得したデ・アンジェリスが、連続18ラップを走行した後、1分36秒台を連発。1分36秒295の1番時計を記録した。

スコット・リーディングは、0.018秒秒差の2番手。フォンシ・ニエトが、0.402秒差の3番手に進出。

ランク2位を争いフリアン・シモンとアンドレア・イアンノーネは、4番手と5番手。

ジュール・クルーセル、マイク・ディ・メッリオ、ロベルト・ロルフォ、クラウディオ・コルティ、トーマス・ルティがトップ10入り。

初代王者トニ・エリアスは、1.912秒差の15番手。

日本勢は、高橋裕紀が1.948秒差の17番手。渡辺一樹と國川浩道は、34番手と39番手だった。

Tags:
Moto2, 2010, IVECO AUSTRALIAN GRAND PRIX, FP1

Other updates you may be interested in ›