初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ、ゴール直前に失速

A.バウティスタ、ゴール直前に失速

6戦連続の1桁台を狙ったが、ゴール前で2人に交わされ、トップ10入りも逃してしまった。

リズラ・スズキのアルバロ・バウティスタは、第16戦オーストラリアGPの決勝レースで、14番グリッドから12位。6戦連続のシングルフィニッシュを果たせなかった。

第11戦インディアナポリスGPから5戦連続して、シングルフィニッシュを果たした後、スズキ勢が毎年厳しいレースとなっているフィリップアイランドに乗り込むと、コーナーリングの改善に着手。

決勝レースでは、2ラップ目から最終ラップまで1分33秒台のリズムで周回を重ねたが、ゴールライン手前で失速。0.097秒差でトップ10入りを逃した。

「難しいことは覚悟していた。スタートは良かったけど、グッドなリズムがなく、タイムもポジションもロスしてしまった。終盤、ド・プニエ、カリオとナイスなバトルをして、最終ラップに10位に上がり、最終コーナーのスペースを閉じたけど、ゴール40メートル手前でエンジンパワーとスピードを失い、ゴールラインで2人に抜かれてしまった。」

「何が問題だったのか解らない。ここ数戦と比べれば、グッドなリザルトではない。ここでは厳しい展開になることは覚悟していた。スズキにとってグッドなリザルトとなる10位で、フィニッシュしたかった。」

「ラスト2戦も懸命に仕事を続けなければいけない。今回のリザルトを忘れるために、ポルトガルのことを考えたい。」

ランク12位のエクトル・バルベラに3ポイント差に接近したバルティスタは、昨年11月にテストを実施したエストリルで、再び1桁台を狙う。

Tags:
MotoGP, 2010, IVECO AUSTRALIAN GRAND PRIX, Alvaro Bautista, Rizla Suzuki MotoGP

Other updates you may be interested in ›