初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.テロール:「ラスト2戦は100%を発揮しないと」

N.テロール:「ラスト2戦は100%を発揮しないと」

持ち味のコンスタントな走りで、クラス最多となる12度目の表彰台を獲得したが、ポイント数以上に、厳しい状況に追い込まれた。

バンカハ・アスパルのニコラス・テロールは、第16戦オーストラリアGPの決勝レースで、4番グリッドから3位。今季12度目の表彰台を獲得した。

ポイントリーダーとして、ランク3位のマルク・マルケスに11ポイント差のアドバンテージを持って、3連戦に挑戦。3戦連続して表彰台を連取したが、12ポイント差のランク2位に後退した。

「厳しい気象状況で、コンスタントに走れなかった。巧みなスタートを切れず、タイムロスしてしまったし、バスケス、ラドット、スミスを振り切るのに苦労した。一度エスパルガロに追いついたけど、強風の影響を受けてしまい、高速コーナーで問題が出てしまった。2度ほど転びそうになった」と、厳しいレースとなったことを説明。

「チームに感謝したい。バイクのパフォーマンスは1秒も落ちなかった。彼らのおかげで、表彰台を獲得できた。今日のレース展開を考えれば、表彰台は重要だ。ラスト2戦は優勝に向けて、100%を発揮しなければいけない。」

残り2戦でマルケスが連続2位を確保すれば、逆転の可能性がなくなるが、昨年転倒したエストリルで今季4勝目を狙い、最終戦までタイトル争いを持ち込みたいところ。

Tags:
125cc, 2010, IVECO AUSTRALIAN GRAND PRIX, Nicolas Terol, Bancaja Aspar Team

Other updates you may be interested in ›