初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

RTG、渡辺一樹に替えスペイン人王者を起用

RTG、渡辺一樹に替えスペイン人王者を起用

トーベに続き、渡辺を解雇。来季の継続参戦を目指し、スペイン選手権のポイントリーダー、モラーレスを切り札として投入する。

レーシング・チーム・ジャーマニーは22日、カルメロ・モラーレスをラスト2戦に起用することを発表。渡辺一樹がシートを失うこととなった。

今季、ドイツ選手権スーパースポーツクラス王者のアルネ・トーベを起用していたが、規律違反と成績不振により解雇。

第13戦アラゴンGPから昨年まで全日本ロードレース選手権GP250に参戦していた渡辺を起用していたが、最高位は25位。

成績不振のシーズンを挽回するため、そして、ラスト2戦でのトップ10入りを目指し、シューターのテストライダーとして、MotoGPプロジェクトに参加するモラーレスを抜擢することを決断した。

チームマネージャーのデューク・ヘイドルフは、「今シーズン3人目のライダーです。僅か2ポイントしか稼いでいませんが、チームは上位に進出できることを証明しなければいけません。」

「これが新シーズンへの鍵となります。まだ7枠残っている。我々は2011年もMoto2クラスに参戦したいです。」

「モラーレスは大変速いライダーで、彼への期待は高いです。我々の目標はトップ10です」と、ライダー変更の理由を説明した。

シューター代表のエスキル・シューターは、「カルメロ・モラーレスがスタートする場所が見つかり、大変嬉しいです。彼はバレンシアでブルータル的に速いです。彼にはこの機会が本当に相応しく、レギュラーライダーになるための十分なスピードがあります」と、高評価した。

32歳のスペイン人ライダー、モラーレスは、昨年のスペイン選手権フォーミュラエクストリームクラスとヨーロッパ選手権スーパーストック1000を2連覇。

地元開催となった第7戦カタルーニャGPの際には、テネリフェ・40・ポンスから負傷代役として、グランプリデビューを果たし、6番グリッドから7位争いのゴールライン直前に、他車と接触。ハードクラッシュを喫した際に、脊椎を亀裂骨折していたが、9月上旬のスペイン選手権Moto2クラスで今季2勝目を達成。ランク1位に飛び出した。

Tags:
Moto2, 2010, bwin GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, Racing Team Germany

Other updates you may be interested in ›