初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、集中的なリハビリを経て復帰

D.ペドロサ、集中的なリハビリを経て復帰

鎖骨骨折により、3戦のキャンセルを強いられたが、集中的なリハビリを経て、エストリルに復帰する。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、今週末にエストリルで開催される第17戦ポルトガルGPに復帰。ランク2位の堅守に挑む。

第14戦日本GPのフリー走行1で左鎖骨を骨折。第15戦マレーシアGPをキャンセルして、第16戦オーストラリアGPに挑戦したが、公式予選後、左腕のパワー不足を理由に、決勝レースへの欠場を決断。帰国して、治療とリハビリに徹していた。

骨折から4週間後となる第17戦ポルトガルGPを前に、「エストリルで戻る。フィリップアイランドよりも肩の状態は良くなっているはずだ」と、復帰を宣言。

「エストリルは、フィリップアイランドよりもフィジカルコンディションが要求されないのは助かる。このタイプの怪我は治療時間が必要で、この2週間で肩がどのぐらい回復したか早く確認したい。」

「先週の火曜には、抜糸をしてもらい、手術の傷口は良くなっていた。筋肉のリハビリに取り組み、パワーが戻ってきたけど、金曜の朝にバイクに乗るまでは、適した評価ができない。」

「金曜に2度のセッションがあることはポジティブ。ハードブレークのポイントがあり、路面は荒れているけど、左回りよりも右回りが多いことは助かる。どのようなフィーリングが得られるか確かめたい。」

昨年4番グリッドから3位表彰台を獲得した舞台で復帰。23ポイント差に迫ったランク3位とのアドバンテージをキープする。

Tags:
MotoGP, 2010, bwin GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›