初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:L.ロレンソ、エストリル3連覇に向けて好発進

フリー走行2:L.ロレンソ、エストリル3連覇に向けて好発進

2年連続してポール・トゥ・ウインを決めた王者ロレンソは、1番時計を記録。苦手のウェットで幸先のスタートを切れば、ヘイデン、ロッシ、ストーナー、スピースが続き、ペドロサは13番手。青山は15番手だった。

第17戦ポルトガルGPのフリー走行2は29日、エストリルで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマークした。

気温19度。路面温度22度のウェットコンディションの中、2年連続して今大会を制したロレンソは、1分48秒522の1番時計を記録。第10戦チェコGP以来となる7戦ぶりの優勝に向けて、好発進した。

2007年にポールポジションを獲得したニッキー・ヘイデンは、0.135秒差の2番手。

エストリル最多勝利を誇るバレンティーノ・ロッシは、0.361秒差の3番手。

昨年病欠からの復帰戦で2位に進出したケーシー・ストーナーは、0.539秒差の4番手。

エストリル初挑戦のベン・スピースは、1.199秒差の5番手。マルコ・メランドリ、ランディ・ド・プニエ、アンドレア・ドビツィオーソ、ロリス・カピロッシがトップ10入り。

左鎖骨骨折から復帰したダニ・ペドロサは、5.070秒差の13番手。

フリー走行1でトップタイムをマークした青山博一は、5.867秒差の15番手。

ミカ・カリオの負傷代役を務めるカルロス・チェカは、17番手だった。

Tags:
MotoGP, 2010, bwin GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, FP2

Other updates you may be interested in ›