初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第17戦ポルトガルGP:公式予選‐プレスカンファレンス

第17戦ポルトガルGP:公式予選‐プレスカンファレンス

昨年第2戦日本GP以来となるフリー走行のタイムで決定したスターティンググリッドで、1列目を獲得したロレンソ、ヘイデン、ロッシが公式予選のプレスカンファレンスに登場した。

第17戦ポルトガルGPの公式予選がキャンセルされた後、1列目を獲得した3人のライダーたちがプレスカンファレンスに出席。キャンセルを決定したレースディレクションの判断を支持した。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、今季7度目、エストリル3年連続のポールポジションを奪取。ホルヘ・マルティネス・アスパルが樹立したスペイン人最多となる42度目のポールポジションに追いついた。

「コンディションはすごく悪かった。強風で、トラックには水が溜まっていたから、セッションのキャンセルはベストだったと思う。シーズンで7度目のポールポジションだったから、僕たちにとっては良かった。もしかしたら、最も簡単なポールだったかもしれない。すごく嬉しい。」

ドゥカティ・チームのニッキー・ヘイデンは、最後にポールポジションを獲得した舞台で、今季3度目の1列目を獲得。

「ライダーとしては、もちろん、走りたかったけど、風が強すぎた。走っていたら、タメージを受けたかもしれない。キャンセルは正しい判断だった。それに僕たちは1列目だ。」

「ドライで走ることになれば、賭けとなるだろう。明日の天気がどうなるか待とう。僕たちはグッドな仕事をすることにトライする」と、意気込みを語った。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、今季4度目の1列目。セーフティ委員会のメンバーとして、「決定は正解だったことは明白。このコンディションで走ることは不可能。トラックには水浸しになっていた」と、たレースディレクションの決定を支持。

「ウェットで走り、ポールに挑戦する機会だったから残念だけど、1列目が嬉しい。ウォームアップの時間が延びたのはベストだろう。ウェットのグッドなセッティングがある。今日は幾つか試した。もし、ドライならば、チャレンジしよう。」

Tags:
MotoGP, 2010, bwin GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, Valentino Rossi, Jorge Lorenzo, Nicky Hayden

Other updates you may be interested in ›