初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.エスパルガロ、来季Moto2クラスに挑戦

A.エスパルガロ、来季Moto2クラスに挑戦

最高峰クラスの最年少ライダー、エスパロガロがMoto2クラスに挑戦。カレックスを走らせ、Moto2クラスチャンピオンを狙う。

ポンス・レーシングは30日、アレックス・エスパルガロを起用することを発表。来季の体制が決定した。

カレックス製のプロトタイプマシンを起用するスパニッシュチームは、アクセル・ポンスのチームメイトに、今季プラマック・レーシングから最高峰クラスに挑戦したエスパルガロを指名。

チームマネージャーのシト・ポンスは、「我々は最大限の成功を保証するライダーを追及していました。常にアレックスが気に入り、MotoGPクラスを続けないとなったときから、彼が我々のプロジェクトリーダーにならなければいけないと、明白に考えていました」と、起用の理由を説明。

「彼はMotoGPクラスでグッドなパフォーマンスを見せ、Moto2クラスも経験があります。豊かな才能の持ち主で、若いことから、我々の哲学に完璧に当てはまります。」

トニ・エリアスの成功が刺激となったエスパルガロは、「Moto2クラスに行くならば、最高の保障が約束されるオプションを選ばなければいけなかった。シトは僕に最高の保障を提供してくれる。サンティ・ムレーロと一緒に働けることが楽しみ。最初から一緒に優勝争いができるポテンシャルがある。僕にはその能力がある」と、意気込みを語った。

21歳のエスパルガロは、ポイント圏内に2度進出して、ランク33位に位置するポンスとチームを結成。

第4戦イタリアGPで表彰台を獲得したランク17位のセルジオ・ガデアは、シートを失ったことから、125ccクラスへの復帰を検討している。

Tags:
MotoGP, 2010, Aleix Espargaro, Tenerife 40 Pons

Other updates you may be interested in ›