初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:V.ロッシが決勝レース前に1番時計

ウォームアップ走行:V.ロッシが決勝レース前に1番時計

20分間から30分間に拡大された決勝レース前のセッションをロッシとストーナーがリード。ポールポジションのロレンソは3番手だった。

第17戦ポルトガルGPのウォームアップ走行は31日、エストリルで行われ、バレンティーノ・ロッシ、アンソニー・ウエスト、ニコラス・テロールがトップタイムをマークした。

気温16度。路面温度15度のウェットコンディションの中、3番グリッドのロッシが1分48秒363の1番時計を記録。4番グリッドのケーシー・ストーナーが0.331秒差の2番手に浮上。トップ2が1分48秒台を2度刻んだ。

ポールポジションのホルヘ・ロレンソは、0.858秒差の3番手に位置すれば、ノーストップで周回を重ねたベン・スピース、マルコ・シモンセリが続き、アンドレア・ドビツィオーソ、マルコ・メランドリ、アレックス・スパルガロ、ニッキー・ヘイデン、ランディ・ド・プニエがトップ10入り。

ダニ・ペドロサは連続16ラップを走行。11番手に入れば、16番グリッドの青山博一は4.885秒差の15番手だった。

Moto2クラスは、フリー走行2を制したウエストがトップタイム。ケンナ・ソフォーグル、ミシェル・ランセデール、スコット・リーディング、ラファエレ・デ・ロサが続き、トニ・エリアスは11番手。高橋裕紀は12番手。

ランク2位を争うフリアン・シモンとアンドレア・イアンノーネは、7番手と14番手。ポールポジションのガボール・タルマクシは、15番手だった。

125ccクラスは、4番グリッドのテロールが1番時計。ポールポジションのブラドリー・スミス、タイトルを争うマルク・マルケス、ポル・エスパルガロが続き、サンドロ・コルテセが5番手。7番グリッドの小山知良は18番手だった。

Tags:
MotoGP, 2010, bwin GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, WUP

Other updates you may be interested in ›