初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、パワー不足に耐え抜いて8位フィニッシュ

D.ペドロサ、パワー不足に耐え抜いて8位フィニッシュ

骨折した左鎖骨の影響により、レース中に左腕の力を失って行ったが、完走して、貴重なポイントを稼いだ。

レプソル・ホンダのアンドレア・ドビツィオーソは、第17戦ポルトガルGPの決勝レースで、12番グリッドから8位。8ポイントを加算して、ランク2位を堅守した。

第14戦日本GPのフリー走行1で左鎖骨を骨折してから4週間後、第13戦アラゴンGP以来となる4戦ぶりに決勝レースに挑戦すると、20ラップ目までは1分39秒台を維持したが、21ラップ目から1分41秒台にペースダウン。5番手から8番手に後退した。

「28ラップを走り切ることができたのは良かった。もし、リズムをキープできれば、もっと上でフィニッシュできたかもしれないけど、3ラップ目から左腕の力がなくなり始めた」と、厳しいレースだったことを説明。

「一瞬、3位でフィニッシュできるかもしれないと考えたけど、直ぐに、この腕では無理だと気がついた。ラップ毎に疲労度が増し、1分39秒5のリズムで走り続けることができなかった。ラスト10ラップの時点で、もうプッシュができなくなり、遅れて行った。」

「明日はもう一度精密検査を受けるけど、バレンシアに向けて、治療する時間が3日間ある。チャンピオンシップは、ランク3位から19ポイント差のアドバンテージがあるから、ランク2位をキープしたい。」

ペドロサは、昨年優勝して、ランク3位を逆転で獲得したリカルド・トルモに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2010, bwin GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›