Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、満足の初日スタート

C.ストーナー、満足の初日スタート

チャタリングに見舞われ、原因を追及するために、タイムロスを強いられたが、全体的な感触に満足感を得た。

ドゥカティ・チームのケーシー・ストーナーは、最終戦バレンシアGPの初日で総合2番手。全体的には満足なセッションだったことを説明した。

前戦で転倒を喫した後、昨年サイティングラップでクラッシュした舞台に戻って来ると、フリー走行1でトップタイム。フリー走行1では2番時計を記録した。

「悪くない1日だった。1台のマシンに小さなチャタリングがあった。原因を明らかにするために、タイムロスしてしまった。もう1台に乗り換え、セッティングが少し良くなったけど、問題を確定するための時間と周回が足りなかった」と、2番手に後退して理由を明かした。

「満足感を得るために、あと1度コースインする必要があったけど、全体的な感触はすごく良かった。すごくいい天気の中で2度のセッションができたから、問題はない。」

「明日の天気がどうなるか待たなければいけないけど、気に入ったマシンの状態を改善できれば、もっと満足感を得られることができるだろう。」

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMIO GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Nicky Hayden, Casey Stoner, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›