初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:S.ブラドル、自信の1番時計

フリー走行1:S.ブラドル、自信の1番時計

エストリルで初勝利を挙げたブラドルが1番時計。21番手までが1秒以内、37番手までが2秒以内に進出した。

最終戦バレンシアGPのフリー走行1は5日、リカルド・トルモで行われ、ステファン・ブラドルがトップタイムをマークした。

気温20度。路面温度24度のドライコンディションの中、前戦勝者のブラドルは、1分37秒108の1番時計を記録。今季初めてセッションを制した。

中量級のラストレースとなるカレル・アブラハムは、0.025秒差の2番手。ジュール・クルーセルが0.099秒差の3番手に接近した。

ランク2位を争いフリアン・シモンは、0.172秒差の4番手に入れば、アンドレア・イアンノーネは、4ラップ目に転倒。39番手だった。

王者トニ・エリアスは5番手発進。スコット・リーディング、アレックス・デ・アンジェリス、クラウディオ・コルティ、ケナン・ソフォーグル、ロモン・ラモスがトップ10入り。

日本勢の高橋裕紀は、0.811秒差の17番手。國川浩道は、6.547秒差の最下位42番手だった。

Tags:
Moto2, 2010, GRAN PREMIO GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, FP1

Other updates you may be interested in ›