初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:A.イアンノーネ、19番手からトップに浮上

フリー走行3:A.イアンノーネ、19番手からトップに浮上

フリー走行1の転倒により、出遅れていたイアンノーネがトップに飛び出せば、デ・アンジェリスが最速リズムを刻んだ。

最終戦バレンシアGPのフリー走行3は6日、リカルド・トルモで行われ、アンドレア・イアンノーネがトップタイムをマーク。フリー走行を制した。

気温17度。路面温度24度のドライコンディションの中、フリー走行1の序盤にハードクラッシュを喫したイアンノーネは、最終ラップに1分36秒433の1番時計を記録。初日の19番手から一気にトップに浮上した。

初日4番手のアレックス・デ・アンジェリスは、1分36秒台を最多の4回記録。0.290秒差の2番手に位置すれば、富沢祥也の後任ケナン・ソフォーグル、初日を制したステファン・ブラドルが続いた。

ランク2位のフリアン・シモンは、0.550秒差の5番手。ケニー・ノエス、カレル・アブラハム、スコット・リーディング、トニ・エリアス、トーマス・ルティがトップ10入り。

日本勢は初日14番手だった高橋裕紀が、0.836秒差の16番手。國川浩道は、5.324秒差の最下位42番手だった。

Tags:
Moto2, 2010, GRAN PREMIO GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, FP3

Other updates you may be interested in ›