初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.マルケス、小さな町の大きな英雄として凱旋

M.マルケス、小さな町の大きな英雄として凱旋

人口約1万人の小さな町が世界王者誕生を祝い、歴史的な凱旋セレモニーに沸いた。

レッドブル・アジョ・モータースポーツのマルク・マルケスは8日、125ccクラスチャンピオンとして、出身地セルベラに凱旋。タイトル獲得を祝った。

最終戦バレンシアGPの決勝レースで4位に入り、史上2番目の最年少王者に輝いた直後から、約4時間に亘る複数のインタビューを消化した後、MotoGPアワードに出席。翌日には、来季参戦を予定しているMoto2クラスのテストを見学した後、カタルーニャ州レリダ県のセルベラに移動。

1日中雨と寒さに見舞われたが、市と県政府をはじめ、500ccクラス王者のアレックス・クリビーレ、元ダカールラリーライダーのイシドレ・エステベ、そして、人口約1万人の小さな町が、マルケスと家族、チームを出迎え、歴史的なセレモニーに沸いた。

「ここ数時間はすごく集中していたけど、夢の実現だから、全てを楽しんだ。この町のみんなに出迎えられたときは、言葉を失った。セレモニーのことをちょっと耳にしていたから、想像していたけど、それを遥かに超える歓迎だった」と、若干17歳の王者は感想を語った。

マルケスは、125ccクラス王者として、来季はMoto2クラスに挑戦。チーム体制や使用するマシンに関しては、近日中に発表される。

Tags:
125cc, 2010, Marc Marquez, Red Bull Ajo Motorsport

Other updates you may be interested in ›