初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

B.スピース、連続の3番時計

B.スピース、連続の3番時計

ファクトリーチームでの初テストで連日の3番時計を記録。視線は既にセパンで予定されている2月のオフィシャルテストに向いていた。

来季ヤマハのファクトリーチームから参戦するベン・スピースは、オフィシャルテスト2日目も3番時計を記録。総合3番手だった。

ファクトリーデビューとなった1日目に、4位を獲得した際のベストラップ(1分33秒294)をコンマ4秒上回ると、2日目には、公式予選のタイム(1分32秒566)を0.244秒更新する1分32秒322を記録。

「今日もグッドな1日、学習の1日となった。セッティングを幾つか変更した。僕たちはグッドな方向に進んでいる。チームと一緒にグッドなセッションとなったから、すごく嬉しい。」

「来季の新しいエンジンに関するホルヘのコメントを読んだ。パフォーマンスに喜んでいるようだから、マレーシアが楽しみだ」と、手応えを語ったが、視線は既に2月のテストに向いていた。

全米選手権時代からパートナーを務めるチーフクルーのトム・ハウスワースは、「午前中に再び新しいプロトタイプマシンをテストしました。昨日収集したデータを基に、セッティングを変更しました。大変ポジティブな結果が得られました。」

「3タイプのタイヤをテストし、その中の1つがすごく気に入りました。テストは非常に生産的で、新しいバイクは将来性があります。ベンは大変楽観的で、セパンテストを大変楽しみにしています」と、説明した。

1年目にランク6位を獲得、新人王に輝いたスピースは、アメリカに帰国。ショートバカンスを楽しんだ後、2月のセパンテストに向けて、トレーニングを開始する。

Tags:
MotoGP, 2010, Ben Spies

Other updates you may be interested in ›