初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、セパンに間に合う

V.ロッシ、セパンに間に合う

ロッシの右肩手術を担当した医師が、来年2月のテストに参加できることを説明した。

バレンティーノ・ロッシの右肩を手術したアレッサンドロ・カスターニャ医師は、来年2月にセパン・インターナショナル・サーキットで予定されているオフィシャルテストに参加できることを説明した。

イタリアのスポーツ紙、ラ・ガッゼタ・デッロ・スポルトのインタビューに応えたミラン・ヒューマニスタ研究所で肩の専門医であるカスターニャは、「通常は90日が必要です。彼は初テストまで79日あり、自然に反しなければ、(テストへの)準備が整います」と、説明。

11月14日にカットーリカ市内の病院で手術を受けたロッシは、3週間右腕を吊ることを強いられ、来年の初テストとなる2月2日までの79日間、3段階に分けて、治療とリハビリが行われる。

「炎症期は3~5日間。そして、1ヶ月半から2ヶ月間は、ダメージを受けたところの再生に向けて、毛細血管が侵入し、新しい細胞が増殖されます。この期間の途中からハリビリが始まります。最初はプール、そして、ジムに移ります。」

「私は肩を手術するだけで、特別な問題はありませんでしたが、まるで市場のような状況に出くわしました。1品分の支払いで、3品を買うように。通常手術時間は35分間ですが、1時間50分を費やしました。」

「右肩の棘上(きょくじょう)筋腱と関節包靭帯は、決定的にダメージを受けていました。クリーンにして、自然に治るように整えた後、12針で縫合しました。上腕骨の線維軟骨は引き離されていたことから、生体吸収性ステープルで元に戻しました。」

Tags:
MotoGP, 2010

Other updates you may be interested in ›