初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

T.エリアス、最後尾も不安を一掃

T.エリアス、最後尾も不安を一掃

1年ぶりのMotoGPマシンの走行で、フィジカル面の要求が高いことを再認識。オフシーズンにパワーアップを測ることを誓った。

Moto2クラスで初代王者に輝き、最高峰クラスに復帰するトニ・エリアスは、LCR・ホンダから2日間のオフィシャルテストに参加。1年ぶりにRC212Vを走らせた。

MotoGPマシンを走らせる興奮を抑え、2日間で146ラップを走行。トップから2.734秒差の17番手、最下位だったが、「心配はしていない」と、不安を一掃した。

「このバイクは、Moto2と比べて、フィジカル面の要求が厳しいから、今日は少し疲れた。ウインターブレークでは、筋力面の強化にトライする。」

「昨日よりも楽に走れたけど、まだベストなベースセッティングを探しているところ。今の一番の問題のバイクのバランス。好きなように走らせることができないけど、心配はしていない。」

「このバイクの経験があるし、適応するための時間が必要なだけ。フィーリングを良くして行く最善の方法は、チームと一緒に懸命に働くことだ。」

ハードスケジュールのシーズン末を終えたエリアスは、ウインターブレークを利用して、MotoGPマシンを走らせるために体力作りに取り組む。

Tags:
MotoGP, 2010, Toni Elias, LCR Honda MotoGP

Other updates you may be interested in ›