初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バージェス:「パニックになるべきではない」

イギリスの専門誌、AUTOSPORT(オートスポーツ)は、ロッシのチーフクルーとして、ドゥカティへ移籍したバージェスのインタビューを掲載。

「パニックになるべきではありません。バレンティーノにとって、チーム、そして私自身にとっても全てが新しかったです。ドゥカティのリアクションは異なり、理解するために働かなければいけません。日本のメーカーと長く仕事をしてきた後、これらはカルチャーショックの範囲です。」

「バレンシアのテストでは、タイムを追及するのではなく、バイクを理解するために働きました。それに、肩にダメージを受けていることを忘れてはいけません」と、初テストを振り返ったことを報じた。

Tags:
MotoGP, 2010

Other updates you may be interested in ›