初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

T.エリアスのチャンピオンインタビュー

T.エリアスのチャンピオンインタビュー

Moto2クラスの初代チャンピオンに輝いたエリアスの独占インタビューを提供する。

グレシーニ・レーシングのトニ・エリアスは、第15戦マレーシアGPの決勝レースで、4番グリッドから4位。シーズン3戦を残り、中量級の初タイトルを奪取。

2010年Moto2クラスのチャンピオンに輝いたエリアスの独占インタビューを提供する。

「フィニッシュラインを越えたとき、みんながチャンピオンフラッグを振っていたのを見て、感動した。夢が実現したから、泣いてしまった。」

「そのとき、4年前に伯父が亡くなる直前、『ワールドチャンピオンとして、フィニッシュラインを越えるところを天国から見ている』と、僕に言い残してくれたことを考えた。」

「インクレディブル(信じられない)、マーベラス(驚くべき)、ファンタスティック(素晴らしい)な1日となった。沢山の人たちが頭を過った。不運にもここにいない人たちやここにいる両親と妹、いつも僕の支えてくれたチーム、モリワキ、家族、友人、僕と一緒に働いたみんなが、この目標を達成するために、僕を助けてくれた。」

「この日をみんなと一緒に共有したい。僕はワールドチャンピオン。チームもワールドチャンピオン。夢を掴んだ。全てのチャンピオンになりたい。」

Tags:
Moto2, 2010, Toni Elias, Gresini Racing Moto2

Other updates you may be interested in ›