初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スペイン選手権Moto2クラス:C.モラーレスが初代王者に輝く

スペイン選手権Moto2クラス:C.モラーレスが初代王者に輝く

シューターのテストライダーを務めるモラーレスがタイトルを獲得。ポンス、クルメンナッハ、シメオンがテストを兼ねて参戦した。

スペイン選手権の最終戦は21日、ヘレス・サーキットで行われ、アクセル・ポンスが優勝。カルメロ・モラーレスが初代王者に輝いた。

今季3戦に挑戦した32歳のモラーレスは、11位以内でチェッカーを受ければ、タイトル獲得となることから、バトルを回避することに徹底。3戦連続5度目のポールポジションから7位でチェッカーを受け、昨年までのエクストリュームクラスと合わせて、3連覇を達成した。

優勝は、アクセル・ポンス。経験を積む目的で2戦連続して参戦すると、2番グリッドから4人による優勝争いを制して、キャリア初の優勝を飾った。

ジャック&ジョーンズ・バイ・アントニオ・バンデラスのスペイン選手権チームから参戦するジョルディ・トーレスが今季4度目の表彰台を獲得。10ポイント差のランク2位を獲得した。

アラゴンGPとバレンシアGPに参戦したロモン・ラモスは、3戦連続の3位に入れば、インモテクのテストライダーを務めるイバン・シルバが今季最高位タイの4位に進出。

テストを兼ねて参戦したランディ・クルメンナッハは、中盤から単独走行の5位。

来季の参戦を予定するケブ・コフランは8位。第3戦で2位に入ったが、レギュレーション違反により、失格となったことが影響して、22ポイント差のランク3位に終わった。

MZは、来季のマシン開発を目的に、トニ・ヴィルズィングを起用。22位に入れば、フル参戦を予定しているチャビエル・シメオンは、9ラップ目にピットに戻り、リタイヤした。

チャンピオンシップは、モラーレス(シューター)、トーレス(ハリス)、コフラン(FTR)、ダニ・リバス(ハリス)、ラモス(ミル)がトップ5入り。3度の表彰台を獲得したイバン・モレノ(モリワキ)はランク6位。シルバ(インモテク)はランク7位だった。

Tags:
Moto2, 2010

Other updates you may be interested in ›